医療関係者様紹介状のダウンロードはこちら

当クリニックから紹介医様への約束事

  1. ご紹介いただいた患者様を、誠意を持って診療致します
    • 専門医への紹介というシステムは、紹介するドクターと紹介されるドクターに信頼関係がなければ成り立ちません。当センターをご信頼いただき、
      ご紹介いただいた患者様を、責任を持って、誠意を持って診療致します。
  2. ご依頼をいただいた内容以外は手を付けません
    • 紹介状に特別記載が無い限り、我々は、あくまでも専門治療のみを行い、それ以外の処置はご依頼主であるドクターにお願い申し上げます。
    • 必ず、ご紹介いただいた患者様を、貴院へお返しいたします。
    • 患者様を引き継ぐのではなく、患者様の悩みを解決するお手伝いをさせていただきます。
  3. 初診時の主訴、診断、治療プランについて文章にてご報告致します
    • ご自身の大切な患者様を大学病院や専門外来に紹介した。その後、患者さんがどうなったんだろう?と思った経験はございませんか。
      当クリニックでは、患者様の同意の下、ご紹介いただいたすべての患者様に関して、初診時の主訴、診断名、治療プランを詳細に記載したレポートを文章にて報告させていただきます。
  4. ご相談は随時お受けいたします
    • 御依頼をいただいた患者様について、もしくはご依頼を考えている患者様について、電話、メールなどで随時ご相談をお受けいたしますので、
      お気兼ねなくご連絡ください。

なぜ専門外来に紹介をするべきか(紹介の利点)

  1. 患者様のため
    • 専門外来に送る事で、患者様はその分野についてより深い知識と豊富な治療経験のある専門医による診療を受けられます。
  2. 貴院のため
    • 口腔顔面痛・口腔内科の分野は、請求可能な保険点数が限られている上に、診察時間も通常より長くかかります。
      これらの患者様は専門外来にて診察をした方が、貴院の診療効率・回転率が良くなります。
    • 口腔顔面痛・口腔内科の疾患は、鑑別疾患として生死にかかわる疾患も多数存在します。
      これらの疾患を見落とさないためにも、専門医に一度診察をしてもらう事は患者様にとっても、クリニックの運営のためにも有意義な事です。
    • 専門外来に紹介可能というステータスを掲げる事で、現在かかっている患者様も一層安心感が増します。また、ドクターに対する信頼感も強いものとなります。
    • 紹介時、患者様に文章による診療情報を提供して紹介する事により、診療情報提供料が算定可能です。
  3. 大学病院に送る前に
    • 大学病院を受診できる時間は限られている上に、受診時にかかる時間もとても長いです。
      当センターは、開業医ベースで口腔顔面痛・口腔内科の治療を行っておりますので、診療時間も長く、小回りが利き、患者様の都合に合わせて診療を継続する事が可能です。

口腔顔面痛・口腔内科とは何か

口腔顔面痛とは、頭頸部の痛みに関する診断・治療のスペシャリストです。
専門分野には、顎関節症、神経障害性疼痛、頭痛などが含まれます。
頭頸部の痛みを総合的に審査する事により、必要に応じて医科のドクターと連携して治療を進めていきます。
歯科治療を行っても痛みが改善しない、患者様が歯の痛みを訴えているが、歯科疾患は見当たらないという時に御依頼ください。

口腔内科では、口腔内のできものの診断や治療を行います。
口腔外科は基本的に外科処置を行う科ですので、外科と内科は本来、分けて考えられるべきです。
米国では口腔外科の他に口腔内科という科が存在します。口内炎、全身疾患の一部症状としての口腔病変、天疱瘡・類天疱瘡のような自己免疫疾患、口腔乾燥症などは外科的処置を必要としません。
必要なのは、確定診断とマネージメントです。これは本来、外科ではなく内科の分野となります。

口腔内科では他に、基礎疾患をお持ちの患者様に対する歯科治療を行う際のリスク判定も行います。御依頼をいただけば、医科のドクターと連携を取り、患者様がより安全に歯科治療を受けられるように、治療に関するリスク判定とアドバイスを行う事ができます。
実際の歯科治療は、御依頼をいただく事も可能ですし、リスク判定と治療の指示だけのご依頼をいただき、実際の歯科治療は御本人で行っていただくことも可能です。

安藤彰啓 プロフィール

4代目歯医者として生まれ育ち、現在の日本歯科医療に不足しているのは口腔顔面痛と口腔内科の分野であると確信して渡米。
南カリフォルニア大学のOrofacial Pan and Oral Medicine Centerに2年間勤務し、数百の口腔顔面痛・口腔内科患者の診療にあたる。
Orofacial Painの分野では国際的権威である米国口腔顔面痛学会の専門医を取得し帰国。
日本全国にこの学会の専門医は6人しか存在しない(2013年12月現在)。
米国滞在中に米国口腔内科学会にも入会し、当学会の専門医1次試験を合格。
2015年に受験資格が生じる2次試験に合格すれば、日本で診療している唯一の米国口腔内科学会専門医となる。

学歴
2003年5月: St. Mary's International School in Tokyo 卒業
2010年2月: 昭和大学歯学部卒業
2011年3月: 昭和大学歯科病院 歯科臨床研修修了
2013年5月: American Board of Orofacial Pain 認定医取得
2013年6月: 南カリフォルニア大学歯学部 口腔顔面痛・口腔内科センター Residency Program 修了
職歴
  • 2000年11月-2010年3月:アンドウ歯科クリニック チーフ・歯科助手・開発マネージャー
  • 2009年7月-現在:Coming Generation Medical Team プレゼンテーションワークショップ設立 リーダー
  • 2010年4月-2010年9月:昭和大学歯科病院 口腔外科 歯科臨床研修医
  • 2010年10月-2011年3月:昭和大学歯科病院 補綴科 歯科臨床研修医
  • 2011年4月-2011年5月:アンドウ歯科クリニック 勤務医
  • 2011年6月-2013年6月:南カリフォルニア大学歯学部 口腔顔面痛・口腔内科センター レジデント
  • 2012年5月-2013年6月:Online Master of Science in Orofacial Pain and Oral Medicine 助教
  • 2013年10月~現在:昭和大学歯学部 客員講師

どのような症例を依頼するか

口腔内科の症例 PDFをダウンロードすることができます。
ご記入のうえFAXにてお送りください。
紹介状のダウンロードはこちら