口腔内科症例はこちら

口腔内科って何をするの?

口腔内科とは、歯・顎骨などの硬組織、歯茎・舌・口唇・口腔粘膜などの軟組織に起こる疾患の診断とマネージメントを行います。
全身疾患の一症状として、口腔内に症状が出ていることも考えられるため、全身に及ぶ幅広い知識と、診査方法を用いて診断し、それに応じたマネージメントの計画を立てます。

腫瘍や嚢胞など、外科的手法が治療として必要と判断したら、その時点で信頼のおける外科医・口腔外科医に外科手術の依頼を行います。
その他に、基礎疾患をお持ちの方が安全に歯科治療を受けられるかどうかのリスクを判定して、全身状態に応じて治療プランの修正を行います。
重度の糖尿病、心筋梗塞や脳梗塞の既往、癌の治療のための放射線・化学療法の既往、骨粗鬆症の治療薬を服用中など、全身疾患をお持ちの方に通常通りの歯科治療を行っては危険な場合がございます。

患者様がより安全に一般治療を受けられるように、必要事項を主治医と相談して、連携をとりながら歯科治療を進めていきます。

【具体的な対象疾患例】

口やアゴの原因不明のできものの診断と治療
口内炎、口腔粘膜のただれ、口腔粘膜の色の変化  ウイルス性疾患  細菌感染症  嚢胞・腫瘍  全身疾患の一症状としての口腔疾患
基礎疾患をお持ちの方の歯科治療リスク判定
糖尿病  透析治療  高血圧  心筋梗塞・脳梗塞の既往  癌(放射線療法・化学療法の既往)  骨粗しょう症治療薬を服薬中
口腔乾燥症の診断とマネージメント
口腔癌検診

口腔外科とどこが違うの?

医療は大きく分けると外科と内科に分けられます。
大雑把に言うと、切ったり貼ったりをするのが外科です。骨折を治したり、腫瘍や嚢胞などの悪い部分を取り除いて再建したりするのが外科処置です。
それに対して、内科は診断を行ったり、病態のマネージメントを行います。たとえば、薬物療法を行ったり、生活習慣の見直しを手伝ったりします。

日本には、歯科に外科はあっても内科は一般的ではありません。
口腔外科は親知らずなどのより高度な外科処置を必要とする抜歯、顎の骨折、さらには良性の腫瘍や癌の摘出などを行う科です。
また、一般的な歯科治療もほとんどは外科に属します。
歯を削って詰めたり、かぶせ者を作ったり、歯を抜いて入れ歯やインプラントを入れたり、基本的な概念は外科とあまり変わりません。

歯科は全部外科なの?

では、歯科には内科的疾患はないのか?そんな事はありません。
口内炎は誰でも知っている口の中にできる病気ですが、もちろんこれを外科的に切り取る処置などは一般的には行いませんね。
天疱瘡、類天疱瘡などの自己免疫疾患は口腔内にも病変が出る事があります。
口腔粘膜がただれてしまう難治性の疾患として認知されていますが、これもやはりただれた口腔粘膜を切り取ったからと言って治癒するわけではありません。
また、手足口病、帯状疱疹、ヘルペス性口内炎など、ウイルス感染症の症状の一部分として口腔症状が出る事もありますが、これもやはり外科処置ではなく内科的マネージメントが大切になります。

昔から、日本では内科と外科が分かれていなかったために、上記のような内科的治療が必要な疾患もやはり口腔外科医が診療を行っておりました。
ゆえに、口腔外科医が診療しなくてはならない領域は、虫歯や歯周病「以外」の病気であり、限りなく広範囲の疾患となっています。
本来ならば外科と内科に分ける事で、それぞれの専門分野の知識と技術をより深められるようになるべきだったのですが、現状ではそれが困難です。
海外には口腔外科の他に口腔内科という科が存在し、それぞれの専門性を深めています。
日本にも、まったくないわけではありませんが、専門医制度となっておらず、国内での認知度も未だに低いのが現状です。

当クリニックは、口腔内科に特化することで、該当疾患に対する高い専門性を持った対応をする事が可能です。

口腔内科の症例 症例ページでは、各種症状を写真付きで
詳しくご覧いただけます。
症例はこちら